大麦若葉青汁の効果と上手な買い方徹底リサーチ

大麦若葉の青汁ってどんなもの?

そもそもの「大麦若葉」とは、その名のとおり、イネ科の「大麦」の「若葉(20~30cmの葉の長さの頃)」を指します。良く私たちが麦茶やビール、みそや醤油などとして口にするのは穀物としての「大麦」です。稲穂を付ける前の状態の若葉には、穂よりも多くの栄養が詰まっているということが明らかになりました。

そのため、現在は大麦若葉が青汁の原材料として注目を集めています。青汁として多く使われている大麦若葉には、実は美容効果や病気の予防にもうれしい効果があります!

それでは大麦若葉にはどのような効果があるのかをみていきましょう。
参考:青汁に使われる大麦若葉ってどんな野菜?

aojiru-girl

大麦若葉の優れた点

大麦若葉の特徴としては、青汁の原材料として使われるケールや明日葉、桑の葉などと比べて、栄養バランスが優れていることにあります。人間の体はひとつの栄養素だけを摂取するよりも、まんべんなくバランスの良い栄養バランスでとったほうが効率よく栄養の吸収を行うことが出来ます。

青汁などの健康食品は継続して摂取し続けることが大事になってきますが、長い目で見ると大麦若葉は健康維持にはもっとも適した青汁の原料といえます。

大麦若葉の青汁がもつ効果

  • 便秘にお悩みの方
  • むくみにお悩みの方
  • ダイエット中の方
  • 美肌、アンチエイジングを望まれている方
  • 疲れが抜けない、眠れない方
  • 野菜不足の方 等々…

青汁やサプリメントなどは継続して飲み続けることが大事ですが、大麦若葉の青汁は比較的野菜嫌いな方でも飲みやすく続けることが出来ます。そして様々な効果がある上に、ケールなどクセのある青汁と比べても、臭みや苦味が少ないので野菜嫌いのお子さんにもオススメできます!

また、ダイエット中などで栄養が不足しがちな方にも、十分に栄養補給が出来るためぴったりです!

大麦若葉の歴史

「大麦」は中央アジアの原産で、紀元3世紀ごろには日本へ入ってきたといわれています。日本でも栽培が可能となってからは、日本の各地で栽培されてきました。

昔から味噌や焼酎、麦ご飯など欠かせない食材として慣れ親しまれてきた「大麦」ですが、意外なことにごく最近までは実の部分しか食用とされてはきませんでした。近年の研究により、葉の部分に含まれる豊富な栄養素が注目を集め、青汁の原料として用いられるようになりました。

大麦若葉に関する質問や悩み

◇子供でも飲めるのか?

お子さんやお年寄りでも安心して飲むことが出来ます。大麦若葉やケールなどは年齢制限などもなく、離乳食から与えることが出来ます。

◇妊娠中の摂取は可能か?

妊娠中の方であっても摂取することは可能です。栄養素も豊富なため、好んで飲まれている方もいらっしゃいます。しかしメーカーによっても原材料が異なるため、有害な物質が含まれていない青汁を選ぶ必要があります。

◇サプリタイプと粉末タイプ、液体のタイプなどどれがいいのか?

こちらは人それぞれとなりますが、持ち運びを考えるならばサプリタイプや粉末タイプがオススメです。一般的なものですと粉末タイプを水に溶かす飲み方ですが、どうしても飲みづらいという方は、比較的新しいサプリタイプでも大丈夫です。

◇価格帯はどの程度が目安?

やはり比べてみると高いものの方が品質は高い傾向がありますが、基本的には一杯あたり100円~を目安に購入を考えると良いでしょう。それよりも安いものを購入しても良いのですが、原産国(国産であるか)や栽培農法(無農薬や有機栽培、JISマークの有無)などをチェックすると良いです。

ドラッグストアにも売っているものがありますが、続けて飲むのであれば通販での定期購入システムがありますので、そちらを利用するのも便利です。

◇どのメーカーがおすすめ?

売れ筋を買うのも良いのですが、メーカーによっても栄養素や味も異なります。商品ページのレビュー(口コミ)をみてみるのも参考になります。購入したい商品が見つかったときに良くわからない点がある場合は、直接お電話でのお問い合わせも良いでしょう。

まとめ

「大麦若葉」とは、その名のとおり「大麦」の「若葉(20~30cmの頃)」で、それを原料として生まれた青汁が「大麦若葉の青汁」と呼ばれています。また、大麦若葉の青汁は安価であるのにも関わらず、栄養素が豊富であり様々なダイエット効果、美容効果もあるため、アンチエイジングや健康管理にも最適だということを知っていただけたかと思います。

大麦若葉は他の青汁の原料と比べて栄養バランスが良いため長期的な摂取に適しているという側面もあるため、大変オススメです。

このように様々なメリットのある大麦若葉の青汁をあなたも是非始めてみませんか?栄養バランスが良いため長期的な摂取に適しているということでした。