投稿日:

女性の一人暮らしは部屋選びも肝心

女性の一人暮らしは、心配や不安も付きまといますよね。そのような不安を払しょくするような部屋選びが重要なんです。どのようなことに注意しながら、部屋を決めればいいのでしょうか。

マルバツ女性

部屋選びは一人暮らし女子の重要課題

一人暮らしに関するお話をいろいろとしてきましたが、まだ部屋選びについてお話してなかったですね。一人暮らしをする際、まず決めなければならないのがどの部屋を借りるかということです。

いろいろと物騒なこともある世の中、しかも女性の一人暮らしですから、心配なこともあるでしょう。いい歳をした私でさえ不安があったのですから、若い女性ともなればなおさらにことと思います。

そこで、私が重要視した部屋選びのポイントをご紹介したいと思います。

人通りが多く明るい場所

中には静かな郊外に部屋を借りる人もいるようですが心配だったので、少し人通りの多い場所にある部屋を選びました。仕事が遅くなる場合もあるので、真っ暗な夜道を歩くのは危険です。

できれば3F以上

1Fにある部屋は避け、できれば3F以上の部屋を選ぶことがベストだそうです。私の場合、気に入った部屋がたまたま2Fだったので、決めてしまいましたが、理想はやはり3F以上ですね。

テレビモニターがついている

新しい物件だとモニターが付いていることが多いですが、少し古い物件になるとインターホンしか付いてないという場合も少なくありません。今在宅しているということが分からないようにモニターで確認できるものがいいですね。

ファミリー物件

ファミリーが多く住む物件を選べばにぎやかですし、人の目も行き届いているのも安心です。私が住んでいる物件も家族多く、朝や仕事帰りに挨拶を交わすのが日常です。ご近所さんとのコミュニケーションも防犯対策の一環です。

死角がないこと

現在の部屋に決めるまでいくつか物件を見て回り、気に入った部屋を見つけたのですが、玄関が死角にあり諦めました。

人の目に付かない死角があると不審者が隠れやすく、また玄関が開いた瞬間、一緒に入ってくるなどという危険もあるからです。

スーパーやコンビニが近くにある

必要なものがありちょっとそこまでの買い物って良くありますよね。夜暗くなってからの一人歩きはあまり良くありません。近所にスーパーやコンビニがあると、往路の危険も少なくなります。