投稿日:

掃除はできる時に。毎日のちょっとした工夫が清潔感を保つ

仕事が忙しいと、どうしても掃除をする時間がなくなりがちです。そんな時でも、できるだけ部屋はきれいにしていたいと思いますよね。一人暮らし女子でもできる簡単な掃除術について見ていきましょう。

掃除

毎日しっかり掃除するなんて無理。一人暮らしの掃除のコツとは

毎日仕事が忙しく、帰宅する時間もまちまち。しかも一人暮らしであれば、やらなければならない家事はたくさんあり、どうしても掃除は後回しになってしまいます。

一人暮らしだからこそ、誰にも見られていないことで、多少散らかっていてもいいかという状態になりがちなんですよね。

部屋はきれいにしておきたいし、毎日肌に触れるものは清潔でありたい、でも毎日掃除を行う時間がないという場合、どのようなことに気を付ければいいのか、掃除のコツとはどのような部分にあるのか、とても気になります。

シーツは休みの度に洗う

大きくかさばるシーツは、仕事がある平日はなかなか洗うのが難しいものです。ですが、就寝中にかいた汗を吸ってしまったシーツを変えないのは不潔。

休みの週末には必ず洗濯するようにしてください。できれば、もう少し洗濯の頻度を上げるのが理想ですが、できない場合は洗い替えのシーツを用意しておき、週の中頃になったら、替えのシーツに交換するといいでしょう。

気づいた汚れはその場でふき取る

時間をかけて掃除ができない一人暮らし多忙さんは、気が付いた汚れを後回しにせず、ウエットシートできれいにふき取る習慣をつけておきます。汚れを見つけたら、今、即座にやる!と決めておくと、週末の掃除が楽になります。

曜日ごとに掃除スペースを決めておく

毎日部屋全体の掃除を行うことは難しくても、短時間、小スペースであればできるかもしれません。例えば、今日は台所のコンロ、明日は洗面台、あさっては部屋全体に掃除機をかけるなど、スケジュールを決めておくといいですね。

置きっぱなし出しっぱなしをやめる

服や小物など、いつまでも出しっぱなしにするのをやめます。見た目にも乱雑に見えるだけでなく、ホコリが溜まりやすくなってしまいます。

使用したら元の箱に片づける習慣をつけましょう。これだけでも、部屋全体がすっきり見えますよ。