投稿日:

手元に残った生活費。あっという間になくならないようにするには

口座分けをすることで、1ヶ月に使える生活費が見えてきたら、その生活を上手くやりくりする方法を考えてみましょう。あっという間になくならないために大切なこととはなんでしょうか。

袋分け

口座分けの後が肝心!やりくり上手になるコツ

以前おすすめした、給料後の口座分けの方法実践してみましたか?口座分けをすると、毎月いくら必要なのかという経費とともに、手元に残る1ヶ月の生活費がはっきりと分かるようになり、節約しやすくなります。ぜひチェックしてみてくださいね。こちら⇒「生活費のおすすめ管理方法

口座分けの後、実はここからがさらに大切なポイントとなります。手元に残った1ヶ月の生活費を上手く配分しながら使っていかなければいけません。

気が付いたらもうこれだけしか残ってないなんてことは、絶対に避けたいものです。どのように管理すればいいのでしょうか。

なんといっても袋分け最強

生活費として手元に残っているのは、すでに必要経費を差し引いたお金。そのため、そのお金の使い道のほとんどが、食費と日用品費となります。

それらを無理なく使っていくために、おすすめの方法は、やはり袋分けです。

節約の基本は家計簿にあり!と、毎日こまかく家計簿をつけていた時期もあるのですが、とにかく長続きせず、頑張ってはみたものの、途中で面倒になってきました。

1日でも空いてしまうと、そこで戦意喪失。なにか義務のようになってしまい、節約を楽しむことはできなかったですね。そんな時、簡単にできる管理方法としてやり始めたのが袋分けです。

  • 1週間ごとに分ける
  • 家計簿は付けなくてもいい

たったこれだけの簡単な管理方法です。例えば、1週間の食費と日用品費を10000円と決めたら、10000円ずつ4つの袋に分けるということになります。1週間たてば、次の袋の10000円を取り出すといった具合です。

大抵少し残るのですが、それは使用せず次の10000円に移動します。1ヶ月が終わったら、残りのお金を貯蓄口座に移動させるか、貯金箱へ。

人気の便利アイテムを活用

このような袋分け節約方法でとっても役に立ったのが、無印のパスポートケースです。実はこのパスポートケースはとても人気のアイテムで、愛用者がとっても多いんです。

このパスポートケースは、通帳からカード、そしてファスナー付きビニールケースにお金と、やりくりに必要なものをすべて収納することができる優れもの。

本来はパスポートを収納するためのものですが、意外な使い方ができるんですね。ビニールケースのリフィルは別売りされており、枚数を増やすことも可能です。使いやすいように工夫してみてください。