投稿日:

困った時のもやし&豆苗

いくら一人暮らしといえど、野菜はきちんと摂りたいものです。節約生活中のピンチの時、助けてくれる野菜といえばもやしと豆苗。そんな便利食材とはどのような野菜なのでしょうか。

豆苗

もやしと豆苗は困った時のお助け野菜として最適

一人暮らしで節約生活をしていると、食費になかなかお金をかけられないという現実があります。ですが、できるだけバランスがいい食事を摂りたい、そんな時におすすめなのがもやしと豆苗です。この2つの野菜は本当に便利。

  • どんな料理にも使える
  • ほぼ一年中値段が変わらない
  • とにかく安い

ここのところ毎年のように聞いている「野菜高騰」というニュース。野菜の値段が上がらなかった年はここ最近なかったのではないかというくらい、毎年起こる節約生活にはピンチの案件。

もやしと豆苗が便利で最強なのは、野菜が高騰し始めてもなお、ほぼ一年を通し値段が変わらない野菜なのです。そしてありがたいことに、なんといっても安い!

もやしは一袋数十円で、豆苗は一袋100円前後で購入できます。

どちらもスプラウト野菜

豆苗ともやしは、同じスプラウト系の野菜なんです。

スプラウトとは発芽野菜のことで、いわゆる芽を出した新芽のことです。カイワレ大根とか、最近よく見かけるようになったブロッコリースプラウトなんかもこれに当たります。

豆苗はエンドウ豆の新芽、もやしは緑豆や大豆、黒豆などさまざまな豆の芽です。豆もやしといって、根元に豆が付いたままのもやしがありますが、あれは大豆です。根切りをしているもやしよりも、豆もやしの方が栄養価が期待できます。

実はとっても栄養満点なもやしと豆苗

豆苗は見た目も濃いグリーンで野菜らしいのですが、もやしはあまり野菜として強烈にアピールしてこないので、あまり栄養がないのではないかと思う人も多いみたいですね。

ですがもやしも、もちろん豆苗も栄養価は高いと言われています。もやしにはカリウムやカルシウム、亜鉛や鉄などのミネラルに加え、ビタミンB1やB2、ビタミンCに葉酸などのビタミン系、そしてアミノ酸をバランス良く含んでいます。(もやし生産者協会公式HPより参照)

豆苗にはもやしと同じくさまざまなミネラルがバランス良く含まれていることに加え、老化の原因となる活性酸素を除去してくれるビタミンAとビタミンK、ビタミンCが特に多く含まれています。(豆苗研究会HPより参照)

安くてしかも栄養満点のもやしと豆苗は、一人暮らし、特に女性の強い味方野菜なのです。