投稿日:

スーパー買い物テク

一人暮らしで節約生活中といっても、毎日の食材や日用品の買い物は必要不可欠な出費です。近所のスーパーで何気なく買い物をしているだけでは、損をしているかもしれませんよ。買い物のコツを押さえておきましょう。

スーパー

上手なスーパーでの買い物方法とは

毎日の食事や日用品の買い出しはどのように行っているでしょうか。ちょっとしたコツやポイントで、上手な買い物ができるかもしれません。

中には1円でも10円でも安いものを求めて、わざわざ遠いスーパーへ足しげく通うという人もいるようですが、私のモットーは、無理をしない節約です。毎日の仕事だけでも疲労困憊なのに、そのうえ遠出して買い物なんて無理です。

そのうち疲れ切ってしまい自炊することができず、外食に頼ってしまうなんてことになったら本末転倒。無理することなく、節約しながら上手に買い物しましょう。

時間の余裕のある時に

仕事帰りにバタバタと買い物を済ませるということを行うと、しっかりと吟味することができず、無駄なものを買ってしまうことが良くあります。休日を利用して、ゆっくりと余裕を持たせて買い物をしましょう。

週2回以上は行くべからず

買い物頻度は、多くて週2回で十分です。できれば週1が理想。ファミリーであれば、1週間分の買い物はかなりの大容量となり、1度で済ませるのはちょっと厳しいところです。ですが一人暮らしであれば大丈夫。少量で済みます。

農家直売コーナーをチェック

スーパーにもよりますが、毎日朝採れの野菜を、農家さんが直接店に納品していることがあります。値段も安くなにより新鮮なため、私は必ずチェックするようにしています。

例えばアスパラなどは出荷後も成長しており、日が経つにつれて下部がどんどん硬くなって筋っぽくなります。新鮮なものは下部まで柔らかで美味しいです。

お買い得ワゴンをチェック

店側が今日推しているものをひとつのワゴンに乗せてお買い得価格で販売していることが多くあります。通常価格よりもかなり割安なので、チェックが必要です。

入口にはおすすめ品がズラリ

スーパーの入り口は一番目立ちやすい場所です。この場所に陳列してあるものは、本日のお買い得品であることが多く、必ずチェックする場所でもあります。

棚の両端も忘れずに

陳列された両端、通称エンドと呼ばれている場所にも店が売りたいお買い得品が置いてあります。通り過ぎることなく忘れずにチェックしてみてください。