大麦若葉青汁の効果と上手な買い方徹底リサーチ

大麦若葉の青汁が持つ9つの優れた効果

ここでは大麦若葉の持つ9つの効果を一つずつご説明します。大麦若葉に含まれる栄養素から次のような効果を得ることが出来ます。

aojiru-hunmatsu

便秘解消効果

大麦若葉にはなんとキャベツの15倍ほどの食物繊維が含まれています。食物繊維を多く摂取することによって、腸内の善玉菌を増やすことが出来ます。腸内の善玉菌が増えれば、悪玉菌が減り、腸内環境が正常化されるということです。

さらに、食物繊維は保水性も兼ね備えているため、硬くなった便をやわらかくして便秘の解消につながります。

美肌効果

肌は何もしなければ、年齢、紫外線によるダメージなどにより老化していきます。

本来肌は、細胞の入れ替わりが日々の代謝により繰り返されるのですが、これも年齢や紫外線、またはストレスなどによってうまく行われなくなります。

大麦若葉には、新陳代謝を促し肌のターンオーバーを正常に行うことの出来るビタミンB1ビタミンCが豊富に含まれています。しっかりとした新陳代謝が行われれば美しい肌を保つことが出来るのです。

さらに、フラボノイドである「イソビテキシン」という成分も含んでおり、こちらも強い抗酸化作用をもつことから、さなざまな美容、健康効果をもたらすとされています。

貧血対策

大麦若葉にはクロロフィル(葉緑素)と呼ばれる成分を含んでいます。クロロフィルには、体内の不要なものを排出する効果や、血液中で鉄と結びつき、ヘモグロビンに変化する性質を持っています。ヘモグロビンが多くなれば造血を促すことが出来るのです。

大麦若葉には豊富な鉄分も含まれています。ほうれん草と比べても焼く五倍ほどの鉄分量を含んでいます。つまり大麦若葉の青汁を飲むことで、手軽に貧血予防を行うことができます!

疲労回復効果

現代人はストレスや栄養のバランスが乱れていることにより疲労が取れにくいといわれています。中でも疲労に効果的な栄養はビタミンB1ビタミンCカリウムなどです。ビタミンCを多く摂取するとアドレナリンが多く分泌され、ストレスに対しても免疫がつきます。

また、ビタミンB1には疲労物質を取り除き、脳を活性化させる働きがあります。そして、カリウムは日常生活をする上でどんどん消費されてしまうのですが、カリウムが減っていくと体の中にナトリウムが多く増えてしまい、体がだるく重く感じてしまいます。

しかしそれらを全て兼ね備えているのが大麦若葉です。バランスよく取り入れることにより生活品質を向上させることができます!

高血圧の改善

大麦若葉に含まれるアミノ酸には、高血圧を下げる効果やコレステロールの吸収を抑える効果があります。

むくみ解消

むくみの原因としてカリウム不足が大きく上げられます。カリウムを摂取することにより体内の水分の調整機能が上手くいくためむくみの解消につながります。

また、カリウムには他にも利点があり、体の中の老廃物をうまく排出してくれる作用があります。そのため便秘やむくみなどに悩まれている方は、カリウムを摂取すると効果的です。

眼精疲労改善

眼精疲労には大麦若葉にも含まれるβカロチンという栄養素が効果的なのですが、これはβカロチンが体内でビタミンAとして働き、皮膚や粘膜を健康に保つ作用があるからです。また、目から入った光の刺激を脳に伝える「ロドプシン」という物質を体内で作る手助けをする効果もあるため、眼の健康を保つために活躍します。

老化防止効果

大麦若葉は「SOD酵素」という酵素を含んでいます。「SOD酵素」は老化防止、アンチエイジングに効果的です。これは人間の体内にある「活性酸素」というものを除去してくれるからです。

「活性酸素」は適量であれば問題がないのですが、増え過ぎてしまうと悪さをする酵素です。酸化力が強過ぎるために、細胞そのものまでを傷付けてしまうことがあります。それを除去してくれるのが「SOD酵素」というわけです。

アトピー対策

大麦若葉に含まれる亜鉛成分は肌再生の効果が得られるとしても注目を集めています。これは新陳代謝を促進させることにより肌荒れなどのトラブルを改善できるためです。

美肌効果や老化防止に効果的であるとご説明しましたが、ビタミンB1、ビタミンC、SOD酵素のどれもがアトピーには有効です。特にSOD酵素にはアトピーの原因とされている「過酸化脂質」を生成する活性酸素を除去してくれるため、複合的に肌のトラブルに働きかけてくれます。

まとめ

ここまで様々な効果があるとご説明しましたが、大麦若葉の特徴として、「栄養バランスに優れている」ということが強みであると言えます。

体の調子を全体的に持ち上げてくれるからこそ、継続して摂取するメリットが大きいですね。