大麦若葉青汁の効果と上手な買い方徹底リサーチ

青汁は苦手。そんな人にもおすすめしたい大麦若葉

oomugi

青汁にはさまざまな栄養素が含まれ、とても健康にいい食品であることが分かっているけれど、青汁独特の風味がどうしても苦手という人も多いのではないでしょうか。

青汁は使用している原料などによって、味や香りなどに違いが現れるんです。青汁が苦手な人にも飲みやすい、そんな青汁とはどのようなものなのでしょうか。

青汁が苦手な理由

青汁は健康にとてもいい植物由来の健康飲料。豊富な栄養素がたっぷりと含まれており、人気の健康食品としてさまざまな種類が発売されています。

そんな青汁ですが、スタンダードな青汁はゴクゴクと飲むドリンクタイプのものが多いせいか、苦手意識を持っている人がとても多いことも特徴のひとつです。

青汁が苦手だという人になぜ青汁が苦手なのかその理由を聞いてみると、このような理由が挙げられました。

  • 苦い
  • 野菜の青臭さが強い

最大の理由はこの2つ。とにかくまずくて飲めないという人が多いのです。ということは、この2つの理由をクリアすれば、青汁がずっと飲みやすくなるということになります。

飲みやすさナンバーワン大麦若葉

青汁の原料となる植物には、実はさまざまな種類があり、原料によって持っている特徴栄養素に違いがあります。

青汁の味や匂いが苦手だという人は、まず、どのような原料が使われているのかによって選んでみましょう。青汁の原料となる植物は実にさまざまなですが、代表的な原料といえば、これらが挙げられます。

  • ケール
  • 明日葉
  • ゴーヤ
  • 大麦若葉
  • 桑野葉

代表的なものはこの5つになりますが、青汁嫌いの人が苦い、青臭いと声をそろえて主張する原料はケール

ケールは青汁原料の王様とも言える植物で、栄養成分もとても豊富。ですが、一番クセのある味のため、苦手な人が多いのも事実なのです。

そんな人におすすめなのが、大麦若葉を原料とした青汁。大麦若葉青汁はその名の通り大麦の若い芽を使用しているため、麦のさわやかな香りと、クセがなく、ほんのりついた甘味が特徴。

すっきりとした味わいで、これならイケるという人も多いんですよ。飲みやすさナンバーワンの大麦若葉は、青汁嫌いの人にもおすすめの青汁原料です。

まとめ

青汁原料によって、青汁の味や匂いに違いが現れます。飲みやすい青汁を探している人が、原料の違いに注目すること。

中でも大麦若葉はすっきりとした飲み心地とほのかな甘みが、青汁嫌いの人にも飲みやすい、人気の青汁原料です。